2020年11月28日

河口と海岸をめぐって〜10

85. この砂州の東約400mに350mの巨大「農業用護岸工」が建設された。「5年間で5億円の予算が付いた」との情報が2013年の春、自治会にあった。住民側は「街なのになぜ農業用?」「海岸が侵食されている?うっそ〜」と説明会で紛糾。すったもんだの末「30年に一度起きる大波を阻止するため」と、振興局が建設理由を変更して決着した。「港湾工法」による「1枚2tの『洗掘ブロック』『被覆ブロック』」を積み上げる大盤振る舞いがこの工事の目玉だった。
85この砂州に農業用護岸工?

86. 「後は野となれ山となれ!」、温暖化の根本要因である。あっという間に狭まる緑の大地。その一方で、動植物は厳しい環境の中で生き残ろうとしている。
2019年12月中旬、中国・湖北省武漢市で原因不明のウイルス性肺炎(男性57歳)が発生した。パンデミックの始まりである。
86厳しい環境の中で

87. イタチハギ(マメ科)が防波堤の安定した土地に生えていた。砂州ができ先駆的植物が裸地を草原に変えた。やがて地中層が安定すると、渡り鳥が運んだと思われる先駆的木本・イタチハギが根付いた(外来種)。砂州はその遷移を短期間で見ることができる。
87先駆的木本・イタチハギ

88. イタチハギの果実が、落ちることなく春を迎えていた。
88イタチハギの果実

89. 冬芽が春を感じ目を覚ました。
89イタチハギの冬芽

90. 91イタチハギの開花である。火山灰地の草原でも見ることができる。鳥による散布と思われる。
90イタチハギの開花91イタチハギの開花

92. 果実として成熟した。いぼ状に見えるのが腺点。何らかの分泌に関係している。野鳥を呼び寄せる匂いを出しているのかもしれない。
92イタチハギの果実

93. 整然と並んだ葉。葉にも、茎にも、果実にも、いぼ状の斑点がある。地中では根粒菌がイタチハギを支えている。

93イタチハギの整然と並んだ葉

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 12:53| Comment(0) | 河口と海岸をめぐって
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: