2020年09月29日

河口と海岸をめぐって〜8

59. 突堤がどんな理由によって設置されたか、あまりご存知ないと思う。伊達漁港と長流川の間約1400mにほぼ等間隔、海に向かって長さ150m以上が12個設置されている。この写真の突堤は12番目で、「しけ」があっても、隣りの突堤の中だけで砂が動き外に出ないという理屈になっている。浸食防止策である。流れてくる砂を堆積させる役割もあるので、河口の突堤はその点で役割を果たしていると言える。
59 長流川河口の突堤

60. 河口を観察し始めてから9年が経った2013年春、3.11東日本大震災復興税の一部を使って、この砂浜海岸に「農業用護岸工」300m建設するとの情報が自治会に入った(建設開始2014年7月)。5年間の公共事業で5億円の予算がついたという。
60 『農業用護岸工』?なぜ

61. 「国土強靭化」を進める安倍政権は、復興税19兆円の一部を「全国を対象とした海岸や河口を埋める防潮堤計画」として全国に“ばらまいた”のである。
13年9月、住民説明会が開かれた。写真を見せ「海岸が侵食している」とした胆振総合振興局担当者に、「あなた方は海を知らないのか!」と住民たちが一喝した。
61 防潮堤計画

62. 2013年11月、担当者の上司が出席し、『数十年に一度起きる高波による越波を防ぐため』と理由を訂正、時間切れで住民説明会を終了させた。「農地もないのに『農業用護岸工』?何それ!」と市民からも疑問の声が上がったのである。
62 『農業用護岸工』?

63. 2014年7月から工事が始まった。55m、5000万円の税金である。壊された砂丘は3.6m 、2011年3.11の宮城沖巨大地震による大津波を阻止している(津波の高さ2m余)。生まれ育った70代の地元住人は、砂丘を超えた高波は経験していないと言う。故郷の砂浜が失われることへの怒りを語った。
63 故郷の砂浜が失われるこ

64. 突堤の役割は侵食を防ぐこと。等間隔に設置された突堤はその役割を果たすことなく、砂に沈んでいった。この公共事業も税金のバラマキであり、このようにして海岸に人工物が増えていくのである。
64 砂に沈む突堤

65. 〜70 2014年、残された砂浜500mの植生調査の結果である。住宅地図を頼りに、歩測を駆使して作成した。
65 植生調査66 植生調査67 植生調査68 植生調査69 植生調査70 植生調査

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 16:37| Comment(0) | 河口と海岸をめぐって
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: