2020年07月14日

河口と海岸をめぐって〜3

17. 生物の種をゲノム解析して分ける方法が主流となった。「味気ない」と嘆いた研究者の言葉を聞いたことがある。地形の変化も、カメラを据えコマ送りすれば済むことだが「楽しむ」こととではない。「羽の折れたハクチョウ」の存在は、「楽しむ」者にとっては貴重な存在である。今年は4羽が生き残っている。
17羽の折れたハクチョウ

18. ハマニンニクとオニハマダイコン(1年草)が定着し始めた。この当時、外来種オニハナダイコンはあまり知られていなかった。種皮が硬く水に浮き、海流に乗ってアメリカ大陸からやってきたのではないかと考えられている。さらに、海岸のコンクリートの劣化でカルシウムが融出し、オニハマダイコンの生育を加速していることもわかってきた。終末処理場の拡張建設も終わりに近づいた。
18オニハマダイコン

19. 砂州河口から海に向かって右側(方位;西)に伸びている。夏季の季節風は南東より。波も南東から押し寄せる。砂浜に打ち上げられた海水は吸収され、含まれていた砂が堆積していく。冬季は北西の風に変わる。砂州は振り子のように年単位に変化すると説明されている。
19砂州は振り子のように年単位に変化

20. 西に流れ出る淡水。海水に比較し軽い。表面に広がり重い砂泥は沈んでいく。このようにして河口近辺は次第に浅くなっていくが、川から同心円状に浅くなるのではなく、沿岸流にも影響されているようだ。
20砂州の成長

21. 流れ着いた森からの“贈り物”を動物たちが知っていて、濁流が流れた次の日にやってくる。エゾシカとキタキツネの足跡である。
21エゾシカとキタキツネの足跡

22. 2006年から4年経った汽水域の様子。「鋼矢板」が見えなくなっている。河口近辺は堆積が進み砂州が拡大している。
22砂州が拡大

23. 2011年3月11日、今まで体験しなかった周期の長い地震である。「でかい」。職員がTVをつけた。やがて津波警報から大津波警報へと変わった。直ちに自宅に電話し避難準備に入るよう妻に指示し、急いで帰宅し、避難所に向かった。3.11の衝撃から1か月近くが過ぎ、河口を観察した。砂州は掃除されたようにきれいになっていた。
23 3.11の1か月近くが過ぎた、河口

24. 翌日スケッチした。砂州は季節風によって振り子時計のように変化すると言われるが、これ以降、砂州の伸長は東向きになった。津波が海底を削ったのだろうか。
24砂州の伸長は東向き

25. 「汽水域」の様子である。3月中旬は、北海道はまだフキノトウが顔を出す頃だ。下旬にも雪が降る。場所によってフクジュソウが開花する。
「横引きゲート」横の「三角点」は海抜3.2mである。津波の高さは2m余(新聞発表 潮位観測器は漁港にない)。
25汽水域

26. 津波の引く様子を見てはいない。3カ月たった砂州の様子である。緑に覆われた場所にはハマニンニクが繁茂していて、その根が砂を掴み自然堤防の役割を担っていたことが分かる。1〜2mの崖を「浜崖」と呼ぶようだ。
26浜崖

27. 汽水域も次第に縮小し「鋼矢板」が見えなくなっている。この汽水域に入り込む魚をねらってアオサギ、チュウサギ、カワセミもやってきた。
27魚をねらって

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 19:03| Comment(0) | 河口と海岸をめぐって
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: