2018年11月27日

ヤナギ物語S その他のヤナギ

149. 北海道登別市の太平洋側から見える山並みの中に、標高1000m級の丸味を帯びた山がある。オロフレ(赤い)山である。太平洋側は雲に覆われやすく、その裾野のカルルスは大雨と温泉の名所である。その峠に登山道の入り口がある。
149オロフレ峠から洞爺湖を見る

150. オロフレ山頂に向かう標高約1000mの所で出会ったミネヤナギである。樹高は腰くらいで、ハイマツに混じって観ることができた。黄色の花が目に入り、雄であることが分かった。
150ミネヤナギ

151. ほぼ同じ場所にて

同じ場所で、雌の株を見つけた。背が低く、地を這っている。花が咲くのは下界のヤナギ類よりだいぶ遅い。
151ミネヤナギ

152. シダレヤナギ

冬芽の向きが逆さだが、シダレヤナギは枝が垂れ下がる。逆さに見えるのはそのためだ。さて、この冬芽は雄花?、雌花?
152シダレヤナギは枝

153. シダレヤナギの葉

公園、街路樹などに植えられるのがシダレヤナギだ。この写真は近くの児童公園のものだ。
153シダレヤナギの葉

154. シダレヤナギの雄の樹

雄花、雌花を探すのだが、樹冠の近い所に雄花が見えた。雌花もそうだが、シダレヤナギは数が非常に少ない。
154シダレヤナギの雄の樹

155. シダレヤナギの葉

シダレヤナギの葉である。細身でエゾノカワヤナギに似ている。鋸歯を比較すれば、シダレヤナギの方が刺々しい。しなやかに揺れるシダレヤナギだが、意外である。
155シダレヤナギの葉

156. シロヤナギ

樹皮が白いのでシロヤナギと名前を付けたそうだが、そうは見えない。区別の基準にすると混乱する。巨木が多い。まだ葉が出ない時、樹冠近くの小枝を見て、真っ直ぐ伸びているのがシロヤナギと判断する方が無難だ。意外と多いヤナギである。
156シロヤナギ

157. 雄の冬芽

見た目で分かったのではなく、ず〜と観察していたら、雄花が出たことから、この樹は雄の樹だと分かった。高木であり、下枝は3m位にあり背伸びしても届かない。スキーのストックを持参してその枝を引っ掛け、引き寄せて撮影した冬芽である。
157シロヤナギ雄の冬芽

158. 川の土手で発見

この樹が雌であると分かったのも、冬芽が開花した結果からだ。川沿いには土手がある。土手の近くに生えていたシロヤナギに枝が、土手に延びていた。
158シロヤナギ雌

159. シロヤナギの雄花

雄のシロヤナギと雌のシロヤナギの生育環境は、川を中心に向かい合う土手の川原という関係で、雄の樹の方が土手から10mほど内側の川原だ。また、両方とも、クマイザサの中にあるという点でも共通していた。
159シロヤナギの雄花

160. シロヤナギの雌花

シロヤナギの雌花で、何となく表面に白っぽさを感じる。
160シロヤナギの雌花

161. シロヤナギの葉

雄花が咲かなかった小枝の葉だ。他のヤナギ類のように長身ではない。
161シロヤナギの葉

162. 白さがある

雌の小枝をちょっと拝借。よく見ると、小枝が白く見える。表面が絹毛で覆われている。
162シロヤナギの葉

163. 6月上旬のシロヤナギの葉

並べてみた。季節的にはまだ春である。葉脈にも白い絹毛が密集している。「樹を見て森を見ず」というが、「葉を見て樹を見ず」ということか。シロヤナギと名前を付けたのは、太い幹の白さではなく、小枝の白さを見て付けたのではないかと思った。
163 6月上旬のシロヤナギの葉

(つづく 次回は最終回)

posted by 忍ちゃん at 17:54| Comment(0) | ヤナギ物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: