2018年11月15日

ヤナギ物語R ウンリュウヤナギ

140. 分かりやすい外見
紅葉時、目立つ赤色のカエデ類に目を奪われる。春の緑の森でも黄緑色に映えるドロノキに目が移る。その中に遠くから見てもわかるウンリュウヤナギがある。小枝がねじれているのですぐわかる。他のヤナギに比較し発芽が遅い。このねじれが好まれ、生花に小枝が使われ通販でも購入できるという。その世界では有名だ。
140ウンリュウヤナギの枝

141. 小さい冬芽
冬芽は小さい。赤味を帯びてきたのでそろそろ開花である。雲龍という言葉から原産は中国大陸。明るい場所、しかも川沿いに多い。一度、自然の中のウンリュウヤナギを観て花瓶に生けてみてはいかがでしゅう。
141ウンリュウヤナギの冬芽

142. 雄花
雄花も小さい。
142ウンリュウヤナギの雄花

143. 雌花
雌花も小さい。雌の樹は少ないので貴重な映像だ。雄雌の区別があることを知らないで生けているのではなかろうか。もし知っていたら、作品の意味も異なってくるのではないだろうか。関係ないかな?
143ウンリュウヤナギの雌花

144. 特徴ある葉
葉は、多少スプーン状なので、他のヤナギとは若干異なっている。葉脈もねじれている。ひねくれ者? いやいや、インパクトを与える存在?
144ウンリュウヤナギの小枝

145. 葉脈に注意
葉の中心を通る主脈をよく見ると、やはりねじれている。もしかしたら、風の強い場所が故郷だったのかもしれない。少年を乗せた龍のように空高く舞う正義の味方かもね。
145ウンリュウヤナギの葉

146. ヤナギのイメージがない
葉が密集して見えるのもねじれているからか。ねじれによって効果的な光の吸収を図っているようだ。葉に光沢がある。光を反射させて互いに光のエネルギーを分け合っているのかもしれませんね。省エネのヤナギ?
146ウンリュウヤナギの葉

147. 黒いシミを持つ葉
ヤナギの葉は、葉を落とす前はどれも汚いが、ウンリュウヤナギは黒いシミが特徴だ。老化を素直に表すので私にとっては親しみを覚える。
147ウンリュウヤナギの秋の葉

148. 晩秋のウンリュウヤナギ
まもなく葉が落ちる。龍が雲に向かって登るようだ。雲龍の意味が良くわかる優れものである。
148ウンリュウヤナギ

posted by 忍ちゃん at 08:35| Comment(1) | ヤナギ物語
この記事へのコメント
ヤナギ物語を拝見いたしました。
ヤナギ類の話題は少ないので、楽しく読ませていただきました。
私もヤナギを愛好しております。
ウンリュウヤナギの雌株は大変少なく、私もこれまで2株のみしか観察出来ておりません。
ですから雌花の写真がありましたのでとてもうれしく思いました。
個体ごとの胚珠数を調べているのですが、お調べではないですよね。
若い花で調べられますが、もしも分かるようでしたらお教えください。
山口
Posted by 山口純一 at 2020年02月27日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: