2018年09月13日

ヤナギ物語N ヤナギと防災

106. 橋の架け替え後

9月5日台風21号が来た。翌日午前3時北海道胆振東部地震が起きた。「防災」とヤナギは全く関係がないのではない。道路の法面にヤナギを利用することもある。土砂の崩れを防ぐためだ。ヤナギの生態は一休みしよう。

さて、写真に見える橋は北海道伊達市に流れる気門川の橋。JR伊達紋別駅の直近である。

拡幅工事が行われ、この川に架かる2つの橋が新しくなった(工事終了12年12月)。すでにヤナギ類が繁茂している。いつ根付き始めたのか不明である。
ヤナギと防災

107. 拡幅工事3年後

ヤナギ類は、土地が痩せている所でも生き延びる。この性質を利用し、道路の法面の土砂崩れを防ぐためにヤナギの樹を植える工法もある。ヤナギは利用されたり駆除されたり、人間によって翻弄される。
ヤナギと防災

108. 2017年9月18日台風18号

川周辺に避難勧告が出され、危機一髪のところで水害を免れた。ところが、市内の別な小さな川が氾濫し、その様子がTVで全国放送された。約1年間、住民は迂回道路を利用して街に出かけている。

気象学者らは近年の巨大台風の到来と豪雨は、これからも続くと警告するが、温暖化によって地球全体の水蒸気量が多くなったと、自信がなく口に出しては言えないようだ。
ヤナギと防災

109. 川の浚渫

北海道の管理下に置かれたこの川は、夏前に工事が始まり川底の土砂類が取り除かれた(浚渫しゅんせつ)。グリーンランド・南極の氷床が地球温暖化で融け、莫大な水となり、周辺の海水濃度を薄め、以前よりも軽くなり、深く沈む力が弱くなって、地球全体の海水の循環が鈍くなった(海洋深層大循環)。その結果、赤道周辺の表層海流も減速したため、太陽に照らされた海水温が上昇し、大気に含まれる水蒸気量が多くなったのだ。
ヤナギと防災

110. 台風21号で再び堆積する砂泥

巨大台風がまた北海道にやってきた。時速80kmとスピードを増し、午前3時頃には北海道留萌沖を975hPaで通過した。豪雨を伴ったが、通過が速く不安になるほどのものではなかったが、浚渫直後の川に砂泥が堆積した。関係者にとっては大きなショックである。
ヤナギと防災

111. 河口には砂州が発達する

砂泥は長い年月を通じて堆積し河口を塞ぐものである。満干潮が起きるたびに海に堆積した砂泥を川へと運ぶ。台風の到来で起きる高波は、その運ぶ量をいっそう多くする。住民は覚悟を決めるべきなのかもしれない。
ヤナギと防災

112. いつヤナギが生えるのか

調査・研究のフィールドとしてこの川に興味がわく。ヤナギの種は綿毛をつけて初夏に飛散する。水に浮き上流から下流へと運ばれる。真っ新なこの小さな中州には、いつ、どんなヤナギ類や他の植物が繁茂するだろうか。
ヤナギと防災

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 14:12| Comment(0) | ヤナギ物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: