2018年08月15日

ヤナギ物語L 親しまれるバッコヤナギA

98. 幅が広い葉

図鑑では「長楕円形、長さ8〜13cm、微細鋸歯縁または全縁、裏面粉白色で、白い縮毛で密生、互生」とある。
バッコヤナギの葉表

99. 裏は毛がある

写真ではわからない白い「縮毛」。ルーペで見るとわかる。
バッコヤナギの葉裏

100. ドロノキの葉が混じる

バッコヤナギの隣りにドロノキがある。そのドロノキの葉がこの写真の中に混じっている。表面の葉の艶の違いや、鋸歯の様子ですぐわかると思う。
バッコヤナギの枝葉

101. 冬芽に注目

秋が深まる頃のバッコヤナギの葉である。バッコヤナギの冬芽は球状・卵形である。来年の春もまた、春の到来を待ち望む人々に真っ白で鮮やかな姿を見せるはずだ。それは、まさしく“バッコ”にふさわしい母への思いと重ねているのではなかろうか。
バッコヤナギの冬芽

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 16:08| Comment(0) | ヤナギ物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: