2018年07月16日

ヤナギ物語J しなやかに揺れるエゾノカワヤナギA

86. 雄花は落ちる
エゾノカワヤナギの雄雌を、距離を置いて区別できるのはこの時期だ。雄花を落し、何もないのが雄、葉以外の花がついているのが雌である。
86エゾノカワヤナギ

87. 白い綿毛が顔を出す
雌花をよく見ると、実が熟し始め、白い綿毛が顔を出す。
87エゾノカワヤナギ

88. 黄色づく実
緑色から黄ばみ始めると、綿毛が風をキャッチして飛んでいく。タネは非常に小さい。オニグモのバルーニングのように、行くあてもなく風任せである。
88エゾノカワヤナギ

89. 「しなやか」の意味
図鑑では「狭披針形、長さ6〜16p、細鋸歯縁、無毛」など書かれている。触ってみると厚みがなくコピー用紙のように柔らかい。エゾノキヌヤナギは厚みがあり区別できる。「しなやか」と表現したのをご理解願いたい。
89エゾノカワヤナギ

90. 裏側は『無毛』
裏側には毛はない。葉の縁は「細かい のこぎり型」。
90エゾノカワヤナギ

91. 小枝の様々な葉の様子
小枝の葉を、上から順に右側から並べたものである。下に行くほど鋸歯が鋭さを失っている。上の方が新しく出た葉だから、下の方は“老化”したのだろうか。
91エゾノカワヤナギ

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 14:35| Comment(0) | ヤナギ物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: