2017年11月26日

生きよ!クロマツ(最終回)

31.    雌花が顔を出す
6年目のクロマツ(2012年発芽)。枝の先に雌花が顔を出した。護岸工内側のクロマツの雌花は、6年目で出来ることが分かった。「思春期」の始まりである。この雌花が受粉を経てタネを付けるとは限らない。
31

32.    鱗片の力
茎を覆う堅いうろこ状の一枚一枚が鱗片と名付けられている。その鱗片の根元に灰色の鞘があり、そこから針状の葉(1対 2枚)がでている。硬く鋭い。3億年を進化した風格がある。
鱗片は冬芽も保護し厳冬を守り春に備える。
32

33.    球果が冬を越えた
耐潮性、耐乾性を備えた男松・クロマツの球果(まつかさ)が冬を越え、そして再び冬を迎えた。しかし球果の鱗片は開いていない。
33

34.    7年目の球果
7年目の球果はすでに鱗片を開きタネを落していた。6年目の球果を採取し乾燥させてみた。すると上部の鱗片が約40枚開き、合計30個の羽が付いたタネが落ちてきた。やや薄い黒色だった。未熟なのかもしれない。
34


35.    2年目のクロマツを発見!
ハマニンニク、ハマエンドウ、コウボウムギが生い茂る中に、緑色をしたクロマツを新たに発見した。樹高18p、今年の伸び13p。発芽時は5pの小さなクロマツであることが分かった。1年目のクロマツがあるかもしれないと詳細に見てまわったが見つけることが出来なかった。
35

36.    小さな冬芽
茎となる冬芽が真ん中にあり、枝となる冬芽が3つ、その間にわずかに短い枝となる冬芽が小さくできている。嬉しい限りである。まさにこのシリーズを飾る「生きよ!クロマツ」である。
36
(おわり)

posted by 忍ちゃん at 14:15| Comment(0) | 植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: