2017年10月01日

生きよ!クロマツC

19 砂州のクロマツ1
さて、いよいよ砂州上のクロマツを紹介しよう。昔からあった砂州ではなく、成長しつつある砂州と、その砂州に住みつこうとするクロマツの記録である。1は東からつけたもの。最も小さく、テンキグサ(ハマニンニク)の中で2013年に偶然発芽した。絶滅するか心配だ。
19

20 2012年発芽2
テンキグサ(ハマニンニク)が少ない所で発芽した元気な2である。北海学園大学名誉教授・佐藤謙氏は、砂浜・砂丘の植物群落帯について石狩海岸を例に次のように指摘している。
「ハマニンニク群落は、砂浜の不安定帯〜半安定帯荒原〜草原にみられる」。河口砂州はまだできたてのホヤホヤであるが、このクロマツが生え始めた場所は、第二の浜崖が出来た後に安定度を増した場所として動植物が進出している所ということが出来る。
20

21 2014年発芽3
これもテンキグサが若干少ない場所、2の西側で発芽した。
21

22 2012年の発芽4
汽水域の近くで発芽したのが命取りとなった4である。
22

23 2011年発芽の5
ナツグミの東で発芽した砂州での先駆的クロマツである。佐藤謙氏のハマニンニク群落帯にはすでにナツグミが育っている。第二浜崖の上に進出した先駆的木本はナツグミが最初でその後クロマツである。
23

24 2013年発芽の6
ナツグミの北側であり、長流川に通じる汽水域の水路の近くで発芽した。今日の温暖化の中で4のような水害が心配だ。
24

25 4の枯死
2016年の4月にやってきた爆弾低気圧が、長流川に大量の流木をもたらし、それが汽水域に雪崩れ込んだ。汽水域も減少しクロマツが枯死したのである。砂州上には5本のクロマツが生きている。写真の背景にあるクロマツは6である。
25

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 14:17| Comment(0) | 植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: