2017年07月29日

生きよ!クロマツA

8.  「開拓記念館庭園」(仙台・亘理藩伊達邦成造成)で樹木調査 
2005年8月、北海道伊達市「開拓記念館庭園」(仙台・亘理藩伊達邦成造成)で樹木調査が行われた。その中にクロマツ3本があった。樹高19.53m(胸高幹回り293cm直径93cm)、同15.99m(同167cm同53cm)、同18.07m(同282cm同90cm)である。昨年の台風でその一本18.07mが倒壊した。
8

9. 記念館庭園のクロマツと砂州上のクロマツとは同じ種?  
切断面の年輪数は100余本。中心部を合わせると推定樹齢150年ということらしい。牧野植物図鑑によると「クロマツは樹高40mになる」とある。北海道樹木図鑑では「樹高10m」である。だからなのか、クロマツが街路樹や庭に植えられている。記念館庭園のクロマツと砂州上のクロマツとは同じ種なのだろうか。
9

10.    護岸工沿いの次世代のクロマツ
クロマツの人工林のそばに次世代のクロマツが30数本生えている。
10

11.    発芽2011年春
樹齢を調べてみると、2011年春に発芽した6年ものが最も多い。人工林から散ったクロマツの種子は、何十年も前からこの地に不時着しているはずである。2011年春は、発芽に必要な環境が整った年ということになる。なぜ2011年なのだろうか?
11

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 10:06| Comment(0) | 植物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: