2017年02月27日

海岸・砂州I

巨大で似つかない「農業用護岸工」
2017年2月13日、巨大な「農業用護岸工」が完成した。住民は「なにこれ?」「波に持って行かれるわ」「税金の無駄遣い」「地域が潤うというが、どこが潤っている」とほとんどが批判する。
35

数十年前の護岸工
この護岸工に接合させるというのだが、この数十年前の護岸工は十分役割を果している。
今年度にかけた税金は合計1億5340万円。コンサルタント料11,480,400円、工事費1億3,687万9,200円、汀線の測量費504万3,600円、5月の予定より2,680万円増である。この他に流木処理量が339万1200円。
36

階段を下りると?
階段を下りると有珠山の安山岩だらけ。何のための階段?37

飛び降りろ!
何これ?来年の予算でやるのかな?
38

物々しい設計図(公表概要図)
帯広のコンサル会社と胆振振興局は2016年12月6日に7,344,000円の契約を交わした後、翌年の1月27日に「設計図書の変更」で2,138,400円増額する再契約を交わしている。同じように苫小牧のコンサル会社にも2回にわたって507,600円増。始め2社合わせた8,834,400円だった契約が当初の30.0%2,646,000円追加支払いし11,480,400円に膨らんだのである。設計図で何を変更したかは調べていない。市町村が関与しない公共事業は、監視の目が届かないと贈収賄の温床にもなりかねないのだ。
39

フトンカゴ
ブロックの流失を防ぐのがフトンカゴ。ところがすでに網が破け機能を失っているものがある。満潮時には散歩もできない。『散歩ができる』との約束を破る行政。
40

6トンのコンクリートもずれ始める
崩落は時間の問題だ。素人でもわかる。安倍政権が進める『東日本大震災復興費19兆円』の被災地以外の防災・減災費1兆円の一部がこの館山下海岸へ投入された。迷惑したのが地元住民。次第に不信が増してきているようである。
41
(今年度の護岸工シリーズは終わり)

posted by 忍ちゃん at 18:13| Comment(0) | 伊達の海
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: