2016年12月26日

海岸・砂州G

砂丘の生き物たち@                                                                                    

大義のない「農業用護岸工」建設。しかも、設置理由を「侵食を防ぐため」しか言わなかった「洗掘被覆ブロック」。殺伐たる建設が進もうとしている現場―砂丘では、営々と命をつないできたハマヒルガオの花が咲いていた。
25 砂丘の生き物たち@

砂丘の生き物たちA                                                                    

虫たちを集める花ハマボウフウも咲いていた。砂丘の海側にはオカヒジキの若芽が顔を出した。それぞれの持ち場で、それぞれの季節に、互いが譲り合って、互いの種の命をつないでいるのだ。38億2016年7月4日午前9時58分の命が、温暖化という人類が経験したことがない環境に立ち向かっている。凄いじゃないか!
26 砂丘の生き物たちA

壊される砂丘                                                                                  

それなのに2016年度の工事が始まった。長さ100mの「農業用護岸工」建設である。この景色の中に「農業」が存在しているのだろうか。そして津波を阻止した高さ3.5mの砂丘を壊すのだ。
一昨年は「侵食を防ぐため」と説明し50mを設置した。ところが今年は「30年に1度起きる大波を防ぐため」と理由づけし100m造るのだ。外見では何も変わらないのに何と馬鹿げた理由付けだ。『余計なことは考えるな!』と上司に言われ黙々と行われる日本政治の異常さである。そして傍観者にも罪があることを忘れてはならない。
27 壊される砂丘

振動騒音調査                                                                         

今年の工事は、海岸に『鋼板の矢板』を打ち込み囲いをして作業を進めた。打ち込む振動の環境影響調査も実施した。かかった経費合計592,000円。我々の税金だ。内訳は「現地調査」48,000円、「事前調査」111,000円、「事後調査」95,000円、「振動騒音調査」140,000円、「旅費、人件費、用地調査」198,000円である。
28 矢板を打ち込む準備

posted by 忍ちゃん at 09:00| Comment(0) | 伊達の海
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: