2016年06月01日

海岸・砂州@

6月11日(土)「森ネット」主催の「リーダー研修会」が行われます。この研修会は「海岸のしくみ」「砂州の形成と植生の変化」「護岸工建設の現状」を学び、広い視野で「自然を生かしたまちづくり」に生かしていこうということが目的です。

01 研修会場の海岸

研修会で使用するパンフレットの第1図です。海岸に立ち海を眺め、風、匂い、波の様子、海の色・・・を察知し、1図にある言葉の意味を知ることから研修会が始まります。

02

3.11大震災の衝撃は日本国民に精神的な打撃を与えました。この写真は追悼の意味を込め、まだ雪に覆われた有珠山(北海道伊達市)に登り東北に向かって合掌した時のものです。長流川(おさるがわ)にも2mを超える津波が押し寄せました。

03

2008年から始めた砂州の歩測による記録をもとに、月齢、干潮時刻、調査時刻などの条件を統一し、3.11後の砂州の様子を記録したのがこの図です。調査しながら津波の溯上と“引き”によって、力学的なメカニズムはわからないが、堆積した砂泥の差で砂州に大きな変化が起きたことは間違いないと思いました。

04

posted by 忍ちゃん at 18:18| Comment(0) | 自然・空・海・陸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: