2015年09月25日

空の雲@・・・・オニグモは空へ


産卵を終えて姿を消した2009822日から9か月、
オニグモの子どもは温かな綿毛の卵のうで厳寒をやり過ごした。
春の暖かな陽射しと爽やかな風を感じると卵のうから姿を現す。
“ジャンプ台”の屋根はすぐそば。
そして、風を捉え、バンジージャンプのように大空に飛び出していった。

彼らの運命は風に託されたのである。

01.jpg


あるものは運悪くジガバチの餌食となる


“嫌われ者”のレッテルを貼られたオニグモは、自然界の中では弱者なのである。

彼らの一生は褒め称えられることなく終わるのだ。地球史における生物種の大量絶滅が幾度か起きたが、新たに出現した人間圏が、より速いスピードで生物圏の大量絶滅を招いている。


地球上では人間は加害者である。ご存知でしたか。


02.jpg



温暖化の表われか、恐ろしい雲がこの地を襲った。


生き残ったオニグモも強風にさらされ、遥か彼方へと吹き飛ばされ命を失っていく。


03.JPG



火山で出来た島の最初の訪問者がクモという話がある。

1億年も形を変えずに今も生きるクモ。

発見した火山学者の話を信じてもいいのではなかろうか。






posted by 忍ちゃん at 12:46| Comment(0) | オニグモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: