2015年08月29日

熱気球の発射実験B


2014年6月20日 見事に浮上した


気球全体の重さは約1.5kg。実験時の気温20℃、気球内温度40℃と想定し浮力を求めた。温度差による比重の差は0.077kgm31.5÷0.077=約20m3。四角錐の堆積が20m3以上あれば、理論上、浮上する。


01.JPG


02

熱気球の理論学習と製作は教育効果が抜群である。一点突破し、3年生は卒業した。現在、高校で活躍している。


2015年度も取り組んだ。限られた製作期間、今年の気候変動の激しさを加味、昨年の四角錐をリユースして天井をドーム型に改良。が、天気に恵まれず、しびれを切らして実験するも風にあおられ浮上せず。条件の厳しさを体験した。


02.JPG


03

白いビニール袋10.013gで黒の約半分である(黒0.024g)。来年2016年度は『半径1.4mの白い球体』でチャレンジしようと子どもたちは決めた。自信を深めた彼らは、登校への準備を始めている。

03.JPG


もどるボタン.JPG





posted by 忍ちゃん at 17:56| Comment(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: