2020年05月27日

昭和新山の生き物5

23.
110年を過ぎた明治新山(通称四十三山よそみやま100年前は標高296m)のトレッキングコースである。潜在ドームの収縮で40mも低くなり、今は海抜252m、湖畔からの標高差は約170mである。日陰で生きるシダ植物、オオウバユリが見える。45個の火口が開いたが、トレッキングコースはその縁を通る。イタヤカエデ、エゾヤマザクラ、カツラ、シラカバ、ドロノキ、ハリギリ、ミズナラなどが覆っている。
23明治新山トレッキングコース

24.
60年が過ぎた頃の昭和新山である。正面に噴気する蒸気が見える。「南西」斜面、ワカサリゾート鰍フロープウエイがある側で、幹の太さは随分細い。
24昭和新山

25.
入口ゲートから100mあたりの道沿いのハリギリである。トゲがあるがトゲではなく「芽鱗」(がりん)という。背が低かったころの枝がトゲのようになったという。
25昭和新山ハリギリ

26.
オニグルミにも芽鱗がある。冬を越す芽を守る外套である(茶色の部分が1年間22cm伸びた枝)。芽鱗はそれなりの役割を持っているが、ハリギリの「芽鱗」はどんな理由で名付けたのか知りたいものである。
26オニグルミ芽鱗

27.
ゲートから進むと、約150mで標高240m通称「珊瑚岩下展望台」に出る。トゲのあるニセアカシアやノイバラが多い。トゲは、草食動物に食べられないようにするための防御の組織だ。乾燥していく環境の変化に生き残りをかけたのだろう。
27昭和新山ニセアカシア・ノイバラ

28.
最近、地球温暖化が進む中で、爆弾低気圧が通過するようになった。ミズナラの幹をへし折った。周辺で最大のミズナラは胸高直径46cmだが、これは強風を耐え抜いた。
28昭和新山ミズナラ

29.
1964年(昭和39年)、伊達高科学部が昭和新山の植物調査を行ったそのレポートの断面図である。植物調査の記録は、貴重な財産として残り称賛されている。

東西断面図をみると、Aドームは西寄りに現れている。
29昭和新山断面図

30.
昭和新山「北東斜面」である。しかも標高差は約200m。隆起によって縦に出来た無数の亀裂があり、急斜面、ノコギリ歯の上を登るようで危険である。落石もある。エゾシカの「けもの道」が安全である。※入山には許可が必要です。
30昭和新山 北東斜面

31.
「北東斜面」の樹は幹が太い。屋根棚に降った雨や霧は吸収され、「北東斜面」の裾野に湧き出る。小川が流れトクサの群落があるのも「北東斜面」である。
31北東斜面

※パンデミック下、一旦、お休みし、次回は『河口と海岸をめぐって』をお送りいたします。

posted by 忍ちゃん at 14:48| Comment(0) | 昭和新山の生き物