2020年03月27日

昭和新山の生き物3 カラスのねぐら

11.
10年前、カラスの糞公害が北海道伊達市で社会問題化した。我が家の近くのお宅でカラスが巣をつくり、共働きで気が付くのが遅れ苦労したことがあった。親しみの中に好きになれない怖さを持ち、とは言え憎めない身近な生き物がカラスである。特に、クルミをくわえて飛び上がり、アスファルトに落す知恵の凄さを「トビオトシスキー作曲 クルミ割りカラス」などと褒められる不思議な動物である。
11カラス糞公害地図 伊達市

12.
日が西に傾くと、エサ場近くの見通しの良い高所に集まり、家族単位にねぐらに向かう。専門家は「智恵のついたつがい」が集団をリードするという。糞公害に悩まされる市民は、カラスの存在を疎ましく思いながらも、ねぐらの一つが昭和新山と聞くと目を丸くして驚くのである。
12国道で糞をまき散らすカラス

13.
昭和新山のどこから、いつ飛び出すのか、2010年の冬至、無人の駐車場で時を待つ変わり者(私)がいた。その時の記録である。

≪日の出7:03≫ 静まり返っている。
≪6:02≫トイレ横の樹でブトが警戒の声、呼応するかのように遠くの新山麓で2羽が鳴く。山に囲まれているので、ドームの中で聞くようで、近くにいるような、良く響く。6:10、新山麓で3〜4羽、お喋りのクワー、クワー、1〜2分続く。6:30、新山麓方面からクワー、クワーの鳴き声とともに、40〜50羽旋回しながら少しずつ長流川方向にずれながら高度を上げる。これに周辺のカラスが参加し旋回する。全体として100羽。先頭を切るのが2〜3羽いた。暗いのでシャッターが落ちない。≫

鳴き声は一部のカラスで、静かに風を切る翼の音が印象的だったという。
13 カラス昭和新山駐車場

14.
≪日の出6:32≫ 5:48、昭和新山の麓から「カー」という鳴き声が始まった。飛び出し6分間、「カー」と「カー」、時おり「ガー」の鳴き交わしが続きました。5:54、最初の飛び出しおこる。一千羽の半分程度のイメージ。しばらく旋回し、帯状になった後、長流川方面に移動していった(日の出38分前)。6:01、その時、最初の飛び出しよりも大きな音が昭和新山の麓で起き、カラス集団が飛び出してきました。その凄さに息を呑みました。一千羽以上のイメージです。長流川方面に行こうとしていた最初の集団の最後の方のカラスがUターンし、この集団に吸収されました。二つ、三つの集団に分かれながら合流し、また、別れ…の乱舞を繰り返しました(日の出31分前)。6:08、一部が帯状になり長流川方面に飛んで行きました。残った集団は旋回を繰り返し、次第に高度を下げてゆきました。6:10、高度を下げた集団は、ロープウエイ昭和新山駅の鉄塔とロープに着陸しました。この映像は、カメラにおさめましたが、全体としての数は、この写真に映った倍はあろうかと思います。≫
14昭和新山のカラスたち

15.
≪日の出6:25≫ 参加者4人。週末の「昭和新山、国際雪合戦大会」会場設営のために、ブルドーザー、トラックなどのエンジン音、ライトが煌々と付き、5:30の到着時には、第一回目のカラス集団の飛び出しが始まっていた。三浦和市さん(写真家)がカメラのセッティングを始めていたが、暗くて飛んでいるカラス集団を見つけることができなかった。5:35、第二回目の飛び出し。この時、木村益巳氏(「森ネット」代表)が到着しカメラを構えたが、飛んでいる様子がわからずチャンスを失った。とにかく鳴き声がないのである。5:40、第三の飛び出し。有珠に住む馬場賢一郎さん(野鳥の会)が到着した。今回の飛び出しは第四回まで続いた。この四回目は、すでに飛び出していた集団が、塒に帰り、再び大集団として飛び出すというパターンがあった。全体として、作業用のエンジン音と、明るいライトによって、カラス集団に落ち着きがなく、「大飛翔」という状況にはなかったが、全員『すごい!』と表現した。

ロープウエイに着陸したカラスを撮影しようと車を移動した。馬場賢一郎さんの観察では約700羽がいる、カラス全体の数は、「1000羽以上」が妥当であろうということになった。

ここでカラスが越冬するのは、昭和新山による暖かさが原因ではないかと話し合われた。
15昭和新山のカラス

16.
観光客で賑わう土産店の前の駐車場から坂をのぼると展望台があり、そこに木製のベンチがある。ねぐらに入る前に、このベンチにやって来たカラスがペリットをはき出した。形として残っているのは珍しい。
16カラスのペリット

17.
植物調査の火山マイスターがゲートから入ったのが3月13日(特別な許可が必要)。まだ、発芽はなく、見通しの利くけもの道が上に伸び、あたりは静まり返っていた。ゲートから100mもいかない所に、おびただしい白い糞がまき散らされてあった。カラスの糞である。ペリットも転がっている。専門家は常緑の針葉樹で夜を過ごすというが、無防備な落葉樹ドロノキ、ミズナラ、ハリギリで夜を過ごしている。安全で暖かな場所という “カラス文化”を受け継いでいるようである。
17カラスなぜ落葉樹で夜を過ごすのか

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 15:33| Comment(0) | 昭和新山の生き物