2019年12月19日

石ころ物語 エピローグ 石ころ

119. 玄関の置物1
ある施設の玄関に置かれた自慢の石ころだ。なぜここにあるのか、どうしてこんな石ころが出来るのか不思議でならない。世界の鉱物の半分が日本にあるそうだ。それだけ日本は多様な地質に富んだ国といえる。しかし、関心は低い。
119玄関の置物

120. 玄関の置物2
でき方は単純そうに見えるがわからない。しかし、よくこんなものを見つけたものである。地面から掘り出し、磨き上げたものだろう。自慢する訳だ。そういう技能を持った民族とも言える。
120玄関の置物2

121. 勾玉(まがたま)
ヒスイだ。海岸で拾った石ころを磨くとこんなものへと変身する。美しい石ころにはトゲがあるから注意しよう。
121勾玉

122. 人工水晶
これ水晶と言っても信じない。30年近く前に知り合いからいただいた宝物だ。地下資源の枯渇に危機感を持ったユネスコはジオパークをスタートさせた。ところが、管理費がかさむ割には観光客が来ないとジオパークから撤退したところもある。ジオパークの意味を浸透させるには時間がかかりそうである。
122人工水晶1

123. 人工水晶2
人工水晶はすでに日常のクォーツ時計、ライター・着火マンなどで使われている。圧をかけると磁場が生じ電子が流れる性質を活用したものだ。2003年には15万気圧・2000℃・数十分で人工ダイヤモンドの生成に成功している。地球内部は高圧と高熱の世界。最も解明されていない場所である。
123人工水晶2

124. 何だろう?
「河原で拾った石ころ」と言って見せ、「ダイヤモンドだよ」というと、誰もがジョークだと思うものである。地下150kmから音速に匹敵する速さで急上昇した特殊の場所のマグマが固結するとダイヤモンドができるそうだ。日本でも石ころの中に微量なものが見つかったという。軍事費を削り地球内部の研究に振り向けると、世界に先駆けて飛躍的にその謎が解けるはずである。
124何だろう

125. 石ころと共に
宇和島の石ころと人間の見事な共生である。道端に転がる石を集め、一つ一つに役割を持たせている。「持続可能な手段による経済の発展」の見本である。「石ころ」を馬鹿にしてはいけない。
125石ころと共に

(おわり)

posted by 忍ちゃん at 18:06| Comment(0) | 石ころ物語