2019年10月24日

石ころ物語〜街なかの石ころ1

96. 石ころだらけの街

子どもは、アスファルトでない道が好きらしい。それもそうだ。玄関を出ると、すぐ、アスファルト。雨が降ると低い所へと流れ、あっという間に渇くから便利だが、温暖化、大雨が、アスファルトの道を勢いよく下り、街を襲う。
96有珠外輪山と少年

97. 絨毯の道

洞爺湖・中島のトレッキングコース。大人だって気持ちがいい。都会の中学生らがこの絨毯道を歩いた。「なんて気持ちがいいんだろう!」とトレッキングを楽しんだ。ただそれだけで満足したから不思議である。
97中島のトレッキングコース

98. 洞爺湖ビジターセンター

その洞爺湖の湖畔南に、入館料無料の洞爺湖ビジターセンターがある。建物は環境省の支援によって建設されたが、管理は洞爺湖町に任された。有珠山の噴火を学ぶ「火山科学館」があり、有料ではあるが、ドキュメント映画と、展示物、火山体験室があり、興味のある人にとっては離れられないスペースである。二階に自然保護官事務所がある。
98洞爺湖ビジターセンター

99. 札幌軟石1

実はこの建物に札幌軟石(溶結凝灰岩)が使われている。支笏湖の大噴火(日本の5本指に入る 4万年前)で起きた火砕流の高温部がこの岩をつくった。ブロックとして成形する時、一部が石ころとなる。あるものは敷石、あるものはコンクリートの材料として利用される。
99札幌軟石1

100. 札幌軟石2

軟石のアップ写真だ。軽石や鉱物が見える。栃木県の大谷石は、火山が噴出した時の火山灰や軽石が、海中で堆積し固まったものだ(新生代第三紀)。軟らかく加工しやすいので広く利用された。
100札幌軟石2

101. ブロック塀

街なかを歩くと札幌軟石のようなブロック塀がある。あれ?と思うが、実はコンクリートに、採石場の粉を混ぜてつくったものだ。“石”と錯覚する。コンクリートは水分が含まれているので劣化しやすく、やがて苔が付く。
101ブロック塀

102. どこの石ころ?

玄関前の入り口に、コンクリートにはめられた大きな石ころがあった。これは自然の石だろうか、変成岩だろうか。人間は自然の中で生きた記憶がDNAに刻まれているように思える。
102玄関前の入り口に

103. 公園の土を盛った土台塀に、102と同じような石ころがはめられていた。驚きだ。結構、値段が高いのではと、ついつい思ったものである。
103石ころの塀

104. 石ころを楽しむ

このお宅も石ころで楽しんでいる。入口と道路の境近くにあり、来訪者へのおもてなしとみる。手前の石ころが気になった。
104石ころを楽しむ

105. 有珠山の石ころ

この石ころは有珠山の石ころ、安山岩だ。石の文化はこの地方独特のもので、日本中、その土地々々に息づいている。
105有珠山の石ころ

106. 歩道から丸見えの庭の石ころ

このお宅は、自慢の石ころを庭に入れている。しかも道沿いだ。この地方では「日高石」などと呼んでいる。日高といえば「ユネスコ世界ジオパーク」、橄欖岩で有名だ。マントルからできた石だから、このお宅はそれを誇りにしているのだろう、脱帽!
106日高石

107. 砂利石

一変、砂利石。安山岩だ。安山岩はマントルじゃない、プレートの潜り込みだ。日本のどこにでもあるから、例え固有の植物が咲いていても珍しくないからなのかな。日高の山はこの山にしか咲かない花、固有種があり「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物になった。見に行く人も多い。安山岩の悲しさよ。
107砂利石 安山岩

posted by 忍ちゃん at 18:10| Comment(0) | 石ころ物語