2019年07月25日

石ころ物語 小幌の石ころ

56. 「秘境駅日本一」のJR小幌駅に列車が到着した。ここは北海道胆振地方の豊浦町で、トンネルとトンネルの間に駅がある。ホームには「旅のノート」が置かれ、思い出がいっぱい綴られている。写真左方向が渡島地方・静狩駅である。かつて金山で賑わった。シャクシャイン軍が上陸した浜もある。小幌駅から降りると約200mに通称「文太郎浜」がある。急いで往復すると、列車に間に合うとあって、駅から走る旅人もいる。
56小幌駅に列車が到着

57. その文太郎浜である。角がとれた丸い石ころがいっぱいある。打ち寄せる波で、「カラ、カラ、カラ…」と音をたてるが、この日は、快晴、風弱く波も穏やか。石ころの音を耳にすることはなかった。
57小幌 文太郎浜

58. 丸い石ころで敷き詰められた海岸である。なぜこうなったか、ご想像にお任せしたい。
58丸い石ころ 小幌

59. 学者さんに衝撃を与えた断崖のトドマツである。樹高約20m。岩礁海岸のクロマツは良く知られているがせいぜい10m。このトドマツは台風にも耐え抜いている。「なぜトドマツが・・・」と疑問を抱き、『新しい土壌観』を学会で発表したという(北海道大学 春木雅寛教授)。
59断崖のトドマツ

60. 水冷破砕岩である(一般にハイアロクラスタイトという)。かつて、この場所が海の中にあった頃(300万年以前)、海の中で火山活動があり、水圧が高い海底では、火口から流れ出た高温のマグマなどが破砕し冷やされ固まってできる。そして、波に削られながら隆起した。
60水冷破砕岩 小幌

61. 有名な小幌洞窟。北大・小杉教授と学生らが発掘調査した遺跡。埋め戻した跡が分かる(入口の白い土嚢)。仏師・円空が、1666年この洞窟で5体の観音像を彫ったと伝えられている。シャクシャイン軍も、その3年後に、この沖を通過している。
61小幌洞窟

62. 小幌洞窟前の石ころだ。海底火山で冷えてできたもの、その時、もっと深い地層から押し出されたもの、陸となった時代、侵食や崩壊でバラバラになって波によって削られたものなど、悠久の時を経て、石ころ一つ一つにその物語が刻まれている。石ころは奥が深い!
62小幌洞窟前の石ころ

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 19:10| Comment(0) | 石ころ物語