2019年04月21日

石ころ物語5 伊達市大滝区の丸山の石ころ

31. 伊達市大滝区に徳舜瞥山がある(標高1302m)。急峻であると同時に、5合目に駐車場があり、手軽に登山できるうえ、展望が抜群なので人気の山である。
31徳舜瞥山5合目

32. その山頂に大きな岩がある。徳舜瞥溶岩と名付けられている。主峰がホロホロ火山(1322m)で、直径10kmの範囲内に8つの火山がある。その一つが徳舜瞥山である。その麓は良質の褐鉄鉱が採掘され賑わった。
32徳舜瞥山山頂

33. 昭和29年の地質調査で、この岩は「両輝石安山岩」と判定された。黒く見えるのが輝石。輝石のなかまの「両輝石」という種類と石英が混じった安山岩という意味である。第三紀鮮新世の頃にこの山は形成された。
33両輝石安山岩

34. 徳舜瞥山から西に約6km、丸山(標高555m)がある。昭和29年の地質調査で徳舜瞥山の寄生火山とされた。入植後、木材生産のために、複数の人がこの山を共同経営した。
34円山 南斜面

35. 地元の人から「丸山は本当に火山なのか」と誘いを受け、地主の許可をもらい登ってみた。北斜面の九十九折の道は、まだ残雪が深く、南斜面から藪漕ぎして頂上に辿りついた。
35円山山頂

36. 頂上からの展望である。北海道でも人気の高い徳舜瞥山が見える。恵庭岳も見える。
36円山頂上からの展望

37. 丸山山頂にあった石ころ である。丸山噴火後、近くで黄渓火山、カルルス火山、倶多楽火山が活動し、そのテフラ(火山灰)が標高の低い丸山に降り積もったため、その火山灰に植物が繁茂するという歴史があったようだ。
37丸山山頂にあった石ころ

38. 丸山安山岩の断面 である。多少風化している。「角閃石両輝石石英安山岩」だという。鉱物の角閃石、輝石という鉱物の中の「両輝石」という種類、それに石英が混じった安山岩という意味である。徳舜瞥よりも斑晶が大きく感じられる。ゆっくり固まったのではなかろうか。
38丸山安山岩の断面

39. 40.41九十九折の道に、時々観察される石ころがあった。丸山火山のマグマが固まった安山岩ではなさそうだ。マグマが上昇した時、もともと地下深くにあった変性を受けた岩盤が押し出されてきたのではないかと推測した。
39円山火山の石ころ@
40円山火山の石ころA
41円山火山の石ころB

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 17:39| Comment(0) | 石ころ物語

2019年04月09日

石ころ物語4

20. 11万年前に洞爺カルデラ噴火があり、おびただしい火山灰、軽石が降り注いだ。その層の厚さは100mだという。そして館山とよぶ台地を形成した。
20館山と呼ぶ台地

21. 22河口の軽石の景観である。こんな海岸は見たこともない。長流川が洞爺カルデラ堆積物の層を突き破り、軽石もまた海へと流した。そのため内浦湾は浅い海となった。
21河口の軽石の景観22河口の軽石の景観

23. 海岸には、有色の小さな石ころにも出会うが、白い軽石の中に隠れるように少ない。
23有色の小さな石ころ

24. 波は、石ころと砂を見事に分けた。
24見分ける波

25. 青く光る石ころは目立つ。なぜ、青いのか。不思議である。
25青く光る石

26. 大きめの同じような石ころを集めてみた。軽石だが、発泡孔が異なっている。発泡孔とは、マグマが地上に噴出すると、マグマ内の気化する水や二酸化炭素、硫化水素、二酸化硫黄などが、ガスとなって出てくる穴だ。その違いは噴火の激しさを物語っている。
26発泡孔

27. 軽石よりも重さがある。凝灰岩である。よく磨かれている。磨かれる前の石ころの重心が中心にあるほど、波の動きに合わせて回転し球体になったのかと考えてしまう。そう考えると、磨かれる前の形がどんなものか、想像するのが面白い。
27凝灰岩

28. 層がある軽石だ。発泡孔が層に沿ってある。どのようにこの石ころが出来たか悩ましい。白い軽石と比較してちょっと重い。
28層がある軽石

29. 饅頭形の石ころがある。砂の研磨剤は無尽蔵にある。研磨する海水の力の動きを止めることはない。どのように回転し削られるのか不思議でならない。硬い石ころは、あと何年すれば球体になるのかな?
29饅頭形の石ころ

30. 小さい硬い石ころ。もとは大きな石ころだった。豪雨のたびに動かされ、削られて軽くなり、また豪雨によって動かされ、そして河口にやってきた。旅立ちはどこからだろう。
30小さい硬い石ころ

posted by 忍ちゃん at 14:41| Comment(0) | 石ころ物語