2019年03月16日

石ころ物語3 河口の石ころ@

13. 石ころに興味がある人は川岸に行くと良い。そこには余るほどの石ころがあるからだ。しかし、その川岸に行くのがそう簡単なことではないのだ。だったら簡単な海に行けばいいかというと海には石ころがない。
北海道伊達市を流れる長流川(おさるがわ 2級河川 アイヌ語のオ・サ・ぺッ→川尻に葦原がある川の意)の河口である。白く見える石ころは軽石だ。13長流川河口の軽石

14. 潮の満ち引きは、辿りついた石ころたちを揺らし、悠久の時間をかけて磨き、やがて砂から泥へと変化させる。そして、再び、堆積岩として生まれ変わる。自然界の輪廻である。時にはウエーブ・リップルという芸術品をつくるから面白い。14ウエーブ・リップル

15. 河口の変化に興味を抱いた私は、2004年頃から、時々、徒歩や自転車でやって来てはメモや写真におさめるようになったが、それでは飽き足らず、足を使って測定するようになった。その結果、砂州の形が違ってくるのを知り、病み付きとなった。
15長流川河口の砂州変化

16. 砂州の伸び方は、台風の進路が襟裳側か、奥尻島側かによって大きく変わる。強風が東風か、西風化によって、高波の向きが変わり、運ばれた砂が砂州を大きく変形させるのである。やがて、観察・記録の精度と信頼性を高めるために、月齢、時刻も考慮に入れ、自宅出発時刻を決めるようになった。16長流川河口砂州観察メモ

17. 月齢は図17とは異なっているが、同じ「大潮」である。形状がこんなにも異なっているのは台風の影響である。このような時の石ころは、運ばれた砂に埋もれあまり見ることができない。
高波に運ばれた砂は波打ち際で叩きつけられ、波が引く時に、砂浜は海水を吸収する働きがあるので、砂が残り結果として堆積していく。カモメやカラスはこの原理を知り、高波になると海岸に集まり、強風の中で食い物を見つけるのだ。17長流川砂州観察メモ台風後

18. 「小潮」で「干潮」時刻です。歩数でどのように描くか、その例を示しました。砂浜の固さは一様ではなく、また、凹凸もあり、1歩73cm(歩きやすい砂)、同70cm(やや歩きにくい砂)、同68cm(歩きにくい砂)にランク付けして距離を出している。川幅など、測定不可能な距離は、砂浜にある石ころを投げ(手で握れる大きさ 無理のない投てきで約20m)、この経験値をもとに導いている。GPSがあれば容易だが、しかし歩く距離はあまり変わらない。
18長流川観察メモ 観察法

19. 投てきに使う石ころである。永い旅を終えた石ころだ。大雨で運ばれたのではないか。風化して白くなったのはチョウセキか?穴が開いているが、噴火の際の発砲した穴なのか、それとも鉱物が取れ落ちたのかわからないが、軽石とは異なり重いので道具の一つとして使っている。方位計と巻尺をポケットに、バインダーとボールペンを持ち、カメラをぶら下げて歩数を数える観察・記録である。19長流川河口砂州観察メモ 道具

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 11:14| Comment(0) | 石ころ物語