2019年01月08日

石ころ物語1 プロローグ

1. ヤナギ観察で川沿いに行くと、ある時、ボール状の石を見つけました。手に取り驚きました。ズシリと来たのです。もしかしたら・・・鉄が含まれる?と思いました。あたりを見回すとボール状の色の異なる石があるのに気がつきました。専門家は「円礫」と言うそうです(以下 円礫)。
1円礫

2. この川は、北海道伊達市に流れ込む長流川です(おさるがわ 2級河川)。全長50kmで、千歳市との境の山のふところに源があります。

重いと感じた円礫は河口から4km。下流と言ってもいいのですが、円礫の大きさから中流域ではないかと思います。

長流川とは、アイヌ語の「オ・サ?・ぺッ」(川尻に葦原がある川)で、これに漢字をあてはめました。アイヌ民族の保護に努めていた証です。先人の研究者に拍手です。
2北海道伊達市に流れ込む長流川

3. 角のある石ころです。しかも、赤く色づいています。実は線路の石ころ。地元の岩石を粉砕して詰めたのでしょう。安山岩です。粉砕できやすく、また、長持ちするので重宝がられています。その点で有珠山の安山岩は、今も、室蘭港から釜石、八戸、久慈、陸奥、気仙沼などに積み出されています。
3有珠山の安山岩

4.   9月6日午前、北海道全域でブラックアウトという停電に見舞われました。ところがこの踏切では、遮断機が下りたまま、停電なのに警報音が鳴り続け、頭に来た住民たちがJRに電話し、数時間後にやっと鳴り止んだのでした。

実はこの線路は、街をうろつくエゾシカの絶好のけもの道となり、時々人間を惑わせている。何とものどかな北国の隠れた石ころ物語である。
4線路の石ころ

5.   墓石は石ころとは言えませんが石の一つ。都会の墓苑のすごい賑わい。そしてアスファルトの中にも、コンクリートの中にも小さな石ころが混じり、私たちはそれに気づかず歩いている。昔々人類は、石を道具にすることに驚き、今度は、粘土を石に出来たことに感激したのです。そして今、私たちの周りは石ころだらけとなりましたが、なぜか石には関心がない。不思議です。
5墓石

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 18:11| Comment(0) | 石ころ物語