2017年05月27日

空の雲E 噴気雲

9.    有珠山の噴気雲@
2015年11月のHPで紹介した2012年秋の「噴気雲」である。この雲は、1977年噴火時の噴気孔から出た蒸気が、そのまま雲へと変身したものである。消えもせず、他の雲もあまり存在もせず、気象条件の極めて微妙なバランスの中で生まれたものである。「噴気雲」と名付けた。9

10.    有珠山の噴気孔@
蒸気の出所はすり鉢の中にある。左の矢印は小有珠山の山頂付近。77噴火の最初の噴火があった所で、その後、他の場所の噴火で火口は埋まってしまった。
右の矢印の噴気孔は、77噴火時、高熱のマグマが顔を出したところで、今でも熱くて温度計での測定が困難なほどである。10

11.    有珠山の噴気孔A
写真の噴火口は通称“銀沼火口”と呼ばれ、77噴火の最後に近い時期にできた火口である。11

12.    1979年銀沼火口
噴火2年後の銀沼火口の様子である。蒸気が激しく上っていた懐かしい写真の一枚だ。12

13.    有珠山の噴気雲A
2012年以来、出来たかもしれないが出くわすことはなかった噴気雲だ。砂州の調査をしていた時、偶然出会うことが出来た。2012年よりもはっきりしている。感動だ。10分ほどで乱れ消滅した。気温が上昇したからだろう。カメラがあってよかった!13

14.    マウナロアの不思議な雲
ハワイ・マウナロア(標高4170m)裾野の不思議な雲である。いったいどこが供給源なのだろうか。冷たい空気の塊が、混じり合うこともなく移動してきたとしか思えない。
ハワイ島は43万年前にできた島だ。島をつくったマグマは地下数千kmのマントル内部のホットスポットから湧き上がってくるという。この島から300km離れたオワフ島は370万年前の島。科学者がこれに目をつけ、計算から1年に約10cmの速さでプレートが動いていることを発見した。
それに対し日本列島のマグマは、プレートの沈み込みにより、地下110km、あるいは170kmに出来、地表に湧き上がってくるのだ。14

15.    チェコ・プラハ近くの飛行機雲
飛行機雲の供給源は戦闘機だ。ヨーロッパの空は四六時中この雲が現れる。ブタペスト滞在時、建国記念日に出くわした。元軍人が、こっそり博物館の庭に展示した戦車にガソリンを入れ、それを運転してデモ行進し逮捕されたという。真夜中までサイレンで賑わうほどのお祭りだった。空の雲にも深い物語があるものだ。
15

(「雲」 とりあえず 終り)

posted by 忍ちゃん at 17:21| Comment(0) | 自然・空・海・陸

2017年04月28日

空の雲D 帯雲

5.    帯雲
非常に珍しい帯状の雲。といっても、穏やかなお天気であればよく現れる海の雲です。
北海道内浦湾は直径50kmの円形です。この帯雲は数十キロに及ぶ長さがありそうですね。雲の下面はナイフで切ったように真っ平ら。海から同じ高さの地点に露点があるということになる。お見事!
5

6.    砂州に立つ老人と帯雲
13年間で長さ約600mに成長した砂州に老人が立っている。多分、こちら側から川に沿って歩き、どこかの橋を渡って向かい側に行ったに違いありません。この川の源は50km奥、支笏湖に近い美笛峠近くの沢です。
6

7.    冬至直前の帯雲
ほどよい霧が海上に漂う穏やかな天気の夕方です。インフルエンザが流行り出し、年賀状をつくる時期なのに海は暖かい。北国の冬至を吹き払うような穏やかな夕焼けです。日の出午前7時前後、日の入り午後4時前後で『昼の長さ』わずかに9時間。カラスは午前6時30分頃ねぐらを飛び出し、午後4時30分頃ねぐらに帰る。彼らの昼は10時間。
7

8.    2011年の傷跡
海の上は、蒸発した水蒸気で満ちており、澄み切った空を見るチャンスは少ないものである。どんよりとした空気を突破し、3.11の大津波2m余がこの河口にも押し寄せた。その引き波で砂州のすべてを奪い去ったのである。足跡は私の長靴とエゾシカ。
8

9.    向かい合側の様子はこの写真。横引きゲートは普段使っていなかったので、さび付き作動しなかったそうである。『東北で良かった』と発言し更迭された大臣がいた。津波の被害がここまで及んだというのに。
9

10.    10年前はこんな様子だったが、大地の輪廻が進み、毎年、大量の土砂がこの河口に運ばれ国土を広げているのだ。国土が狭くなるからと海岸に「農業用護岸工」をつくったが、大地の輪廻を御存じないようだ。
10

(つづく)

posted by 忍ちゃん at 21:48| Comment(0) | 自然・空・海・陸